岡山済生会総合病院でタトゥー除去をお考えの方へ、お伝えしたいこと。

岡山済生会総合病院で出来るタトゥー除去治療

●レーザー照射 (Qスイッチアレキサンドライトレーザー)
レーザーには多くの種類がありますが、岡山済生会総合病院ではQスイッチアレキサンドライトレーザーを使用しています。
レーザー機器により、その効果には違いが出てくるものですが、Qスイッチアレキサンドライトレーザーの効果は多くの方に感じて頂いており、安心頂ける機器となっています。

レーザー照射には、多少の痛みを伴います。
また、照射後は軽いやけど状態となるため、1~2週間は水ぶくれやカサブタができます。
照射後しばらくは、軟膏塗布や遮光などご自宅でもケアが必要となりますので、忘れず行うことが重要です。
ケアが十分でなかった場合には、色素沈着など起きることがあること、ご理解ください。

レーザー照射によるタトゥー除去については、色味によっては効果がなかったり、色素沈着が起きることで一時的に濃くなってしまう可能性もあります。
照射後、どの程度の効果があったのか判断できるまで、およそ3か月程かかります。
そしてその効果を判断した後、再度照射を行う……ということになります。

治療は自費診療となりますが、治療により皮膚炎など予期しないトラブルが発生した場合には、保険診療となる場合もあります。

●手術
診察により判断されます。
タトゥーのサイズや場所、皮膚の状態などにより見解は異なってきますので、手術での除去を希望される場合には、受診した上でおたずね下さい。

岡山済生会総合病院のタトゥー除去治療

あくまでも目安です。
科を超えての診療や治療が発生する場合もあり、その際には診療費は異なってきます。

診察料
初診 約5,500円
再診 約750円(2回目以降)

●レーザーの場合
0~10㎠ 10,000円
10㎠~ 1㎠あたり1,000円

●手術の場合
縫合創の長さ1㎠あたり 20,000円

薬代
軟膏1本 約2,000円

最新記事